FAQ

よくある質問

Tread-TEQシステムは、エスカレーターにダメージを与える可能性は有りますか?

 Tread-TEQシステムは、エスカレーター清掃に安全です。
何故なら、このシステムは、世界の主要エスカレーターメーカーとモデルの殆どで使用された実績がありますが、問題・欠陥はありませんでした。
何千回もの清掃に使用されて、今日に至るまで、どのような不具合やトラブルや破損又は問題の報告は無いからです。

Tread-TEQシステムは、何故機械清掃より好まれるのか?

Tread-TEQシステムによるエスカレーター清掃は、回転剛毛ブラシ洗車よりスポンジ手洗車が好まれると同じ理由です。
Tread-TEQシステムと少量の洗浄液によるエスカレ-ターの洗浄は、エスカレーターの踏み板の表面処理(塗装、研磨加工、はうだーコート、プラスチック等)に対する摩耗がずっと少なく、安全です。

Tread-TEQは、清掃作業上で安全ですか?

安全です。何故なら、Tread-TEQは、エスカレーターの推進力を利用して清掃する為、外部電源を全く必要としないので、作業員がつまずくような電源コードが全く無く、感電の可能性も少なく安全に作業できるからです。
又、Tread-TEQクリーン二ングパッドは、どのような問題が生じても、器具からすぐに外れるように設計されたクイックリリース取り付けシステム(Tバー)により、デバイスを切り離すことができます。

Clean-TEQ液体洗剤は、すべてのエスカレーターに安全ですか?

安全です。何故なら、Clean-TEQ液体洗剤は、すべてのエスカレーターブランドとモデルを安全に洗浄する為に特別に配合(設計)されているからです。
つまり、Clean-TEQ液体洗剤は、リン酸塩、ブチル、漂白剤、ニトリロ酢酸(NTA)、塩素、又は、アンモニアを全く含まず、中性で、低発泡性の環境に優しい濃縮液体洗剤だから安全です。
更に、その容器も、リサイクルが容易なHDPE-2(高密度ポリエチレン2種)製です。
規定通りに使用された場合、滑りやすく、又は粘着性のある残留物を残さないように、腐食抑制剤、摩擦添加剤を含み、速乾性が有ります 。

Clean-TEQ洗剤は、エスカレーター踏み板の下に漏れたりしますか ?

 殆ど漏れません。何故なら、Clean-TEQ液体洗剤は、正しい使用法を守る限り、非常に少量ずつ使用され、清掃面に薄い皮膜状に運ばれていきますから、漏れの発生はほとんど認められません。
又、例え漏れたとしても、殆どのエスカレーターは、雨(屋外仕様の場合)又は、よくこぼされるコーヒーやソーダのような多くの腐食性のある飲み物と同レベルの湿気や気候に耐えることができるので問題無く使用できます。

エスカレーターは、どのような頻度で清掃されるべきですか?

どのような建物においても、エスカレーターは、最も高価な設備であり、最も輸送力があり、最も危険で、最も目立つ床面として、それに通じるフロアと降りた先のフロアと同様な頻度で清掃されるべきです。
何故なら、Tread-TEQによる清掃は、一人の作業員がほんの数分で作業が完了できるように設計された軽量且つ低コストの画期的清掃システムですから、非常に早く効果的なので、毎週を基本にエスカレーターを清掃しても、年2回の外注契約者が数人で行う機械清掃のような高い費用が掛からないからです。
頻度の目安:
・週に1回: ホテル、オフィス・ビル等、比較的利用者が少ないエスカレーターに適しています。
・週に2回: 立体駐車場、ショッピングモール等、中程度の利用者数があるエスカレーターに適しています。
・毎日: 空港、駅、レストラン街等、利用者数が多いエスカレーターに適しています。

エスカレーターは、何故より頻繁に清掃されないのか?

エスカレーターは、今まで、要望されるよりも、ずっと低頻度で清掃されてきました。
その理由は、極端に高い費用と、面倒で複雑な労働作業による複雑さと長時間の清掃時間により、高額な清掃費用が掛かるからです。
Tread-TEQによる清掃は、早くて、簡単で、費用対効果が高いので、頻繁な清掃が可能になります。

頻繁にエスカレーターが清掃されない場合、何が起こるか?

エスカレーターが頻繁に清掃されない場合、エスカレーターの美観低下と設備の安全性が危ぶまれます。
又、エスカレーターを設置してある建物自体の美観維持に問題が生じます。
エスカレーターは、昇降駆動するので、機械下部からオイル又はグリースを注油します。 動いているエスカレーターのステップ(踏み板)と段面の潤滑物の蓄積は、危険な状況になり、こぼれた飲み物と油分を含んだホコリ等が組み合わされ、そのまま放置残された場合には、更に危険となります。

エスカレーター上に飲み物がこぼれた場合には、何をすべきですか?

放置せずに、できるだけ早急に清掃すべきです。
もし清掃せず放置した場合は、腐食性成分でエスカレーターの表面仕上げが損傷したり、高額の磨き直しが必要になる可能性が高くなります。
Tread-TEQエスカレーター清掃システムは、非常に軽くて運びやすく、一人で清掃作業が可能なので、こぼされた飲み物による問題は、ほんの数分で解決できます。
こぼされた飲み物へのこのような迅速な対応は、転倒事故が防止できるだけでなく、酸性の飲み物などで、長期的にエスカレーター表面が変色する可能性を低下させ、高コストな表面の再処理が必要となる事態を防ぐことができます。

定期メンテナンス、又は、初期洗浄とは?

Tread-TEQエスカレーター清掃システムは、エスカレーターの毎週又は隔週間の定期的メンテナンスの計画洗浄を推奨しています。
必要な清掃頻度は、エスカレーターの輸送量、清掃費用、汚れの種類、設備寿命等の条件によって適正に決めることができます。
初期洗浄とは、長期間清掃されなかったエスカレーター等の清掃を行う場合で、Tread-TEQエスカレーター清掃システムによって実施できます。 しかしながら、よりひどい蓄積物を取り除く場合、複数の洗浄サイクルと複数のクリーニングパッドを必要とするかもしれません。
この初期清掃プロセスを実施された後、Tread-TEQエスカレーター清掃システムを使って、引き続き、より頻繁な定期メンテナンス洗浄の履行により、エスカレーターの安全と美観を維持でき、設備価値の維持と寿命
の延長に期待ができます。

Tread-TEQクリーニングパッドの寿命はどれくらいですか?その交換時期はいつ判りますか?

Tread-TEQクリーニングパッドは、一般的にエスカレーターの駆動させて、3分間から8分間までの洗浄サイクルで使われます。(通常60段のエスカレーターは、1分間で1回転します。)
Tread-TEQクリーニングパッドは、メンテナンス用で使われる場合、この洗浄サイクル10回から最高20回で交換します。
しかしながら、初期洗浄の場合では、すれ減ったパッドを設置することができ、更に一般的に5回から10回の洗浄サイクルの使用が期待できます。
清掃後、真っ黒になったクリーニングパッドは、水洗いし、溝部分を上にして、3日間程、日陰で自然乾燥すれば、10回以上の再利用ができます。
パッドの交換条件時期は、水洗いする時に、目視検査で決定することができます。 どれかの歯の欠落、又は破損、又はもぎ取られ等が見られるならば、更に又、もしスポンジが剥離し始めるならば、新品に交換すべきです。

ライザーとは何か?

ライザーとは、エスカレーターのステップ(踏み板)への「蹴上がり部分」のことです。
ライザーの清掃では、先ず、クリーン二ングパッドをステップ上の溝表面に乗せて、蓄積されたほこりから、汚れを集めます。 時間が過ぎると、この汚れは、ライザーの上に移るか、又はこぼれ始めます。
殆どの汚れは、自然にライザーの下側(後ろ角度の急勾配上)には落ちない。 それ故、ステップの溝をTread-TEQエスカレーター清掃システムで、頻繁に洗浄した場合、ライザーの上に汚れを集め、こぼすことはなくなるでしょう。
ライザーを洗浄する場合、Riser-TEQ™システムを利用することで、軽くて、ライザーから汚れやグリースを簡単に素早く剥がすことができます。

Tread-TEQエスカレーター清掃システムは、どのようなエスカレーターメーカーに支持又は承認されていますか?

EscaTEQ BV社は、いくつかの最大手エスカレーターメーカーやブランドと協議中で、この新システムは承認される方向で動いております。
エスカレーターメーカーから未だ公式に支持されておりませんが、製造者によって貸与されたものを含め、既に多数のエスカレーター清掃会社が、このシステムを採用しています。
弊社は、承認又は認証を得ることを確信しており、確認が取れしだい発表させていただきます。